弱視・斜視を専門とする医師の一覧

トップページ 学会概要 入会案内 事務局・お問合せ お知らせ 学会開催のご案内 リンク
日本弱視斜視学会
■ 一般のみなさまへ  斜視・弱視の病気の説明 ― 特殊型の斜視
Duane症候群(デュアン症候群)

■はじめに
Duane症候群とは、眼球を外側に向けるための筋肉(外直筋)の異常な神経支配が主因で生じる先天性の眼球運動障害です。
■原因
外直筋を動かす神経核(外転神経核)の形成不全により、外直筋が動眼神経の支配を受けることで生じる疾患です。
■症状
高度の外転障害、内転時の眼球後退とそれに伴う瞼裂狭小が特徴です。内転時に眼球が上転(まれに下転)することもあります。また、顔の回転(頭位異常)や潜伏眼振を伴うことも多いです。
■診断
眼位検査では内斜視が多く、正位、外斜視の場合もあります。障害側に顔の回転がみられることもあります。また、Duane症候群は、その眼球運動の特徴によりI、II、III型に分類されています。
I型は著明な外転制限、内転はほぼ正常、内転時の眼球後退、瞼裂狭小がみられます。
II型は著明な内転制限、外転制限はほぼ正常、内転時の眼球後退、瞼裂狭小がみられます。
III型は外転障害と内転障害があり、内転の眼球後退、瞼裂狭小がみられます。
■治療・管理
両眼開放下で斜位を保っている場合は積極的な治療の必要がなく、経過観察となる場合が多いです。内斜視、外斜視、内転時の眼球の上下偏位や眼球後退、頭位異常が著明な場合は手術の対象となります。しかし、手術による完治は困難な疾患です。
Brown症候群(ブラウン症候群)

■はじめに
Brown症候群とは、外眼筋の1つである上斜筋の腱が様々な原因により伸びにくくなった状態に起因する疾患(病気)です。
■原因
原因は先天性と後天性に大きく分けられます。
先天性では、上斜筋腱自体の短さ・非弾力性・滑車部での上斜筋腱の通過障害などが原因と考えられています。後天性では、医原性(眼手術による合併症)・炎症性(関節リウマチや甲状腺外眼筋炎など)・感染性(副鼻腔感染症など)・外傷性・その他(滑車部の腫瘍など)などが報告されています。
■症状
内上転障害(患眼が右眼であれば左上を見たときに右眼が左上を向かない、左眼であれば右上を見たときに左眼が右上を向かない)や上を向いたときに外斜視(眼が外にずれる)を呈します。それに伴い、顔まわしや顎上げといった頭位異常や、下斜視(眼が下にずれる)、複視*2などが認められることもあります。
■診断
眼球運動検査、眼位検査などで内上転障害を確認します。また、上斜筋の伸展障害を確認するためのひっぱり試験、筋電図検査や画像検査などを行い総合的に診断します。ひっぱり試験とは、眼球をピンセットでひっぱって動かし、外眼筋の異常を調べる検査です。
■治療・管理
先天性では自然治癒がみられることがあります。後天性では原疾患の経過に関連し、自然経過も様々です。Brown症候群の原因は一元的でないため、治療として経過観察、原疾患の治療、手術などを必要に応じて選択します。
重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)

■はじめに
重症筋無力症とは全身の骨格筋の筋力低下と易疲労性を主症状とする自己免疫疾患です。女性に多く、5歳未満の幼児と20〜50代にかけて好発するとされています。
■原因
神経筋接合部における神経信号伝達の障害で、神経終末でのアセチルコリンの減少、またはコリンエステラーゼの増加が原因と考えられています。
■主な眼症状
・眼瞼下垂:まぶたが下がる状態をいいます。一日の中で時間経過とともに症状は増悪しやすく、起床時は軽症とされます。幼児で両眼性の場合は、ものを見る際に顎を上げて見る仕草が特徴的です。眼瞼下垂に左右差がある場合は、まぶたが下がっている方の眼に弱視を発症しやすいため、弱視の早期予防が必要となります。
・眼球運動障害:全方向に対して、眼球を動かしにくくなる状態をいいます。複視*2を自覚することもあります。
■診断
・テンシロンテスト:エドロホニウム塩化物を静注後、眼瞼下垂や眼球運動障害の改善がみられるか反応を調べます。
・疲労誘発試験:@両眼を15秒間閉じる→A最大限の上方視を90秒間強制する→B両眼を15秒間閉じる(休息)→C両眼をあけてもらう。この4段階のなかで、Aで症状(主に眼瞼下垂)の増悪がみられ、Cで軽快がみられます。シンプソン試験とも言います。
・冷却テスト:氷(アイスパック)などを用いてまぶたを冷却した後、眼瞼下垂の改善がみられるか反応を調べます。
・血液検査
・眼位検査、眼球運動検査:斜視(眼の位置ずれ)や眼球運動障害の有無を調べます。
■治療・管理
抗コリンエステラーゼ薬、副腎皮質ステロイド薬(以下、ステロイド)などの薬物の投与を行います。薬物に反応しない場合は、症状の状態により、弱視の予防や両眼視機能*1の発達を促すために、まぶたの手術や斜視手術を考慮する場合があります。
甲状腺眼症

■はじめに
甲状腺眼症とは甲状腺機能の異常(主に甲状腺機能亢進症:バセドウ病)によって起こる眼症状です。
■原因
甲状腺眼症は、甲状腺機能の異常により眼球後部の組織に炎症が起こります。その結果、眼球後部の脂肪組織や外眼筋が腫大し、様々な眼症状を引き起こします。
■症状
眼球後部の脂肪組織の腫大により眼球が前方に押し出され、眼球突出が起こります。それに伴い、上眼瞼(上まぶた)の後退が起こります。また、外眼筋(眼球を動かす筋肉)が障害され眼球運動障害を起こし、斜視を伴うこともあります。眼球後部の組織の腫脹が進むと、視神経が圧迫され視力低下を引き起こすこともあります。
■診断
甲状腺眼症は治療開始時期により予後が左右されるため、早期診断、早期治療開始が非常に重要となります。
まず、甲状腺眼症の特徴的な症状である眼球突出と上眼瞼の後退を視診で捉えることが重要です。また、眼球運動検査は外眼筋の機能的な障害の有無と程度を判断する上で重要になります。CT、MRIなどを施行し、外眼筋の肥厚の有無などを確認します。
■治療・管理
まず、甲状腺眼症の原因疾患である甲状腺機能異常に対する治療を行います。
甲状腺眼症に対しては、急性期にはステロイド療法、放射線療法を行います。薬物療法に反応しない視神経障害や著明な眼球突出には眼窩減圧術などの手術が適応となります。また、眼症状が安定した慢性期には、上眼瞼後退や斜視に対する手術も適応となります。
眼窩吹き抜け骨折(がんかふきぬけこっせつ)

■はじめに
眼窩とは眼球およびそれに付属する筋肉、神経などを固定・保護するための頭蓋骨の骨壁に囲まれた四角錐型のくぼみの部分をいいます。眼窩吹き抜け骨折とは、前方から眼窩への鈍的外傷により、眼窩壁が骨折した状態です。
■原因
手拳やボールなどで真正面から眼を強打することにより、眼窩内圧が急上昇して眼窩壁の中でも抵抗の弱い下壁や内壁が骨折します。
■症状
外傷に伴うまぶたの腫れや皮下出血、結膜下出血(白目の部分の出血)がみられます。また、骨折によって眼を動かすための筋肉とその周囲の組織が嵌頓(かんとん)し、眼球運動障害(眼が外側や上下に動きにくくなる)や複視*2といった症状などを自覚します。眼球打撲に伴った鼻出血の有無は眼窩骨折を疑う1つの所見になります。
■診断
眼位・眼球運動検査などで眼のずれや眼球運動制限の有無を評価します。また両眼単一視野検査では複視が出現しない範囲を評価します。このような機能評価に合わせて、CTなどの画像検査で骨や筋肉の状態を確認し、総合的に診断します。
■治療・管理
自覚的な症状、眼窩内の筋肉や骨折の状態などにより手術適応の有無は異なります。経過観察の期間と手術のタイミングは症例によって様々です。また治療は、眼科、形成外科、耳鼻科、口腔外科など様々な科で行われます。
眼窩骨折では、鼻腔と眼窩が連結しているため、鼻をかむと眼窩内に空気が流れて眼窩内気腫を引き起こすため、鼻かみは行わないで下さい。
固定斜視

■はじめに
固定斜視とは、一眼または両眼が極度に内転または外転した位置に固定された状態のまま、全方向に眼球運動が不能になり、他覚的にも眼球を動かすことができなくなった状態を言います。
■原因
先天性と後天性に分けられます。先天性では、外眼筋の付着部の異常、外眼筋の線維化などによる運動不能が原因です。後天性では、多くは著しく強い近視のために眼球の前後の長さが異常に長い場合に、眼球後半部が上直筋と外直筋の間に脱臼することが原因と考えられています。
■症状
先天性、後天性ともに、内斜視が多くみられます。後天性では、主に中年以降に発症し、徐々に眼球が内下転していき、角膜がほとんどみえない位置に固定されていきます。片眼または両眼に強い近視があり視力不良が多くみられます。
■診断
正面視・右方視・左方視時で眼球が固定された状態を認め、ひっぱり試験でも全方向へ強い抵抗があります。ひっぱり試験とは、眼球をピンセットでひっぱって動かし、外眼筋の異常を調べる検査です。画像診断で拡大した眼球と眼窩外側壁とに外直筋が挟まっている状態や、眼球が上直筋と外直筋の間から脱臼している状態がみられます。筋電図検査では、眼球を外転させた時に外直筋は正常波形を示し、外転神経麻痺との鑑別診断ができます。外転神経とは、外直筋に命令を出す神経です。
■治療・管理
主な治療は手術療法ですが、症状によって経過観察する場合もあります。
感覚性斜視

■はじめに
感覚性斜視とは、片眼または両眼の視力障害が原因で両眼視機能*1が失われ、その結果、二次的に斜視になったものをいいます。廃用性斜視とも言います。感覚性内斜視と感覚性外斜視があります。
■原因
視力障害をきたす原因疾患として、先天白内障(出生時から水晶体が混濁している状態)、角膜疾患、網膜疾患、視神経疾患など多数存在します。
■症状
生後早期(両眼視機能の完成より前)に視力障害が起こると内斜視になりやすく、年長児、成人では外斜視になりやすいです。
■診断
視力障害をきたす器質的な疾患の有無を調べるために前眼部検査(角膜・水晶体)、眼底検査(網膜)を行います。視神経疾患を特定する際は、MRI検査を行うこともあります。斜視の種類と眼の位置ずれの程度を調べるために眼位検査を行います。
■治療・管理
原因疾患の治療を行うことが第一となります。必要に応じて斜視手術を行います。

斜視・弱視の病気の説明 トップページへ戻る

| TOP | 学会概要 | 入会案内 | 事務局・お問合せ | お知らせ | 学会開催のご案内 | リンク |