弱視・斜視を専門とする医師の一覧

トップページ 学会概要 入会案内 事務局・お問合せ お知らせ 学会開催のご案内 リンク
日本弱視斜視学会
■ 一般のみなさまへ  斜視・弱視の病気の説明 ― 内斜視
内斜視

内斜視とは、片眼が固視目標(みつめる対象)を注視している時に、他眼が内側(鼻側)へ偏位している(ずれている)状態をいいます。発症の時期、成因、調節性の有無、斜視角の程度、変動などが分類の基準となっています。

乳児(先天)内斜視

■はじめに
乳児(先天)内斜視は、生後6か月以内に発症した内斜視のことをいいます。ほとんどは、生後1か月以降に発症します。
■原因
遺伝、解剖学的原因、筋肉の異常、神経系の異常など諸説ありますが、はっきりとしていません。
■症状
片眼が内側に大きくずれています。遠くと近くで眼位ずれの角度が変動することはほとんどありません。どちらか一方の眼だけが、ずっと内側によっているのではなく、ある時は右眼、ある時は左眼が内側によるというように、交代することがあります。また、眼位ずれは、内側だけでなく内上側になることもあります。さらに、片方の眼を隠すと眼が小刻みにゆれること(潜伏眼振)があります。このような場合は、眼位ずれが変動することがあります。
■診断
乳児(先天)内斜視は、発症時期の見極めが必要です。そのため、受診時期によっては、受診までの写真を持参していただき、写真診断によって発症時期を確認します。眼科では、眼位ずれがどのくらいあるのかを測定します。また、他に原因がないかを確認するために、乳幼児のための視力表を用いた視力検査、屈折検査、眼球運動検査などを行い、他の病気との鑑別をしていきます。
■治療・管理
眼位ずれが大きいため、眼位をまっすぐにするためには斜視手術が必要なことが多いです。両眼視機能*1の獲得には、早めの手術が望ましいです。もし、斜視によって弱視が生じている場合には、弱視に対する訓練が必要です。
後天内斜視(こうてんないしゃし)

■はじめに
後天内斜視とは、生後6か月以降に発症した内斜視のことをいい、基礎型内斜視、調節性内斜視、周期内斜視、急性内斜視があります。
■原因
調節(ピント合わせ)や輻湊(内よせ(寄り目))が関与して徐々に発症するもの、急激に発症するもの、器質的疾患が原因で続発性に発症するものなどが含まれます。
■症状
はじめは時々内斜視がみられ徐々に恒常性に移行していくもの、周期的に内斜視が現れるもの、乳幼児の時期から片眼または両眼に器質的疾患があるために、両眼で見る機能の発達が障害されることによって生じる内斜視などがあります。
■診断
1)基礎型内斜視
 眼の位置ずれ(内寄り)は最初小さいですが、次第に増大していきます。
 遠くと近くの眼位ずれは同じくらいの大きさで、眼鏡をかけることによって
 眼の位置ずれが変化することはほとんどありません。
2)調節性内斜視
 遠視の矯正のための眼鏡をかけると眼位ずれが小さくなる斜視です。
3)周期内斜視
 眼位の良い日と悪い日が隔日性に繰り返すため、隔日性内斜視ともいわれます。
4)急性内斜視
 突然発症する内斜視で、成人では複視*2を訴えることがあります。
 原因不明のこともありますが、中には器質的疾患を伴うのでMRIなどで検査が必要です。
■治療・管理
眼位が変動する斜視の場合は、眼位の変化の傾向と眼位ずれの量を確認し、その眼位に基づいて手術をします。
調節性内斜視

■はじめに
調節性内斜視は、遠視の矯正眼鏡をかけると眼位ずれ(目の向きのずれ)がなくなる内斜視です。1歳6か月から3歳までの発症が最も多いです。
■原因
遠視があり、物をはっきり見ようとして調節(ピント合わせ)が過剰に働いたことによって生じます。
■症状
初期には、正位(両方の眼がまっすぐ向いている状態)の時と内斜視の時があり、特に近くを見た時に内斜視になりやすく、次第に遠くを見ている時にも内斜視になってきます。
■診断
遠視を矯正する眼鏡をかけることによって眼の位置が正面にくるかどうかを確認します。
調節性内斜視は、細かく分けると以下の3つがあります。
1)屈折性調節性内斜視
 眼鏡装用により遠くも近くも内斜視がなくなります。遠視が強くなると、物をはっきり
 見ようとして過剰な内寄せ(寄り目)が起こって内斜視となるもので、遠視を矯正することで
 眼位異常が消失します。
2)非屈折性調節性内斜視
 ピント合わせをすることによって生じる眼の内寄せが必要以上に生じてしまい、近くの
 眼位ずれが遠くの眼位ずれより大きくなります。遠視の矯正をして遠くの眼の位置は
 まっすぐになりますが、近くの眼位ずれがあります。二重焦点や累進屈折力をもつレンズの
 入った眼鏡を装用することによって、近くの眼位がまっすぐになります。
3)部分調節性内斜視(詳細は部分調節性内斜視の項で述べます。)
 眼鏡をかけても眼位ずれが残ります。
■治療・管理
眼の調節(ピント合わせ)を一時的に麻痺させる目薬を用いて眼の屈折度数を測定し、その結果に基づいて眼鏡を処方します。1か月から3か月経過すると眼位がよくなります。
眼の位置が良くならないからといって眼鏡装用をやめるのではなく、正しく眼鏡を装用して下さい。眼鏡装用後の眼位によっては、さらにタイプ分類され治療方法が変わってきますので、眼科で指示された装用スケジュールを守るようにして下さい。また、成長に伴って眼の屈折度数も変化します。そのため、定期的に眼科に受診して眼鏡の度数のチェックも受ける必要があります。
部分調節性内斜視

■はじめに
調節性内斜視として経過をみて、眼鏡装用後3か月以上経っても遠く、近くともに10凵i約5°)以上の眼位ずれが残っているものを部分調節性内斜視といいます。
■原因
もともと非調節性内斜視があり、その上に遠視による調節性輻湊(調節による内よせ)が加わったものや、初めは屈折性調節性内斜視であったものが遠視矯正のみでは内斜視が残る状態に移行したものがあります。
■症状
遠視を矯正する眼鏡を装用しても眼位ずれが残ります。遠くも近くも眼位がずれていることから、両方の眼で見る機能(立体感・奥行き感など)の発達に支障をきたしていることがあります。
■診断
遠視の矯正のための眼鏡を装用して経過を観察します。その後、遠く近くともに内斜視が残っているかどうかを確認します。
■治療・管理
眼の調節(ピント合わせ)を一時的に麻痺させる目薬を用いて、眼の屈折度数を測定し、その結果に基づいて眼鏡を処方します。数か月経過をみた後、残った内斜視の角度が大きい場合は手術で眼位の矯正をします。内斜視の角度が小さい場合は、プリズムを用いて両方の眼で見る機能を養うためのプリズムレンズを装用することがあります。

斜視・弱視の病気の説明 トップページへ戻る

| TOP | 学会概要 | 入会案内 | 事務局・お問合せ | お知らせ | 学会開催のご案内 | リンク |