弱視・斜視を専門とする医師の一覧

トップページ 学会概要 入会案内 事務局・お問合せ お知らせ 学会開催のご案内 リンク
日本弱視斜視学会
■ 一般のみなさまへ  斜視・弱視の病気の説明 ― 外斜視
外斜視

外斜視とは、片眼が固視目標(みつめる対象)を注視している時に、他眼が外側(耳側)へ偏位している(ずれている)状態をいいます。外斜視は出現する頻度によって2つに分類されます。常に片眼が外斜視となっている場合の恒常性外斜視と、外斜視が出現する時と出現しない時(外斜位)がある間欠性外斜視です。また、間欠性外斜視の状態から恒常性外斜視に移行する場合があります。



間欠性外斜視(かんけつせいがいしゃし)

■はじめに
間欠性外斜視とは、外斜視が出現する時と出現しない時の2つの状態をあわせもっている外斜視です。外斜視は近方視よりも遠方視で出現しやすく、また戸外や起床直後にも出現しやすいです。
■症状
外斜視が出現した時には、注視している固視目標に両眼の視線が一致しないため固視目標が2つに見える(複視*2を自覚する)ことがあります。学童期までに外斜視が出現した場合は、複視を避けるための適応として、抑制という働きによって複視を自覚しなくなる場合が多くあります。また戸外では、外斜視の出現によって外斜視眼をつぶる、片目つぶりという症状がある場合があります。
■診断
遮閉試験で斜視の有無を判定する検査をします(これは他の斜視にも共通の検査です)。この検査は両眼で固視目標を注視している時に検者が一眼を遮閉することで評価を行います。乳幼児では光源を用いて判断することもあります。
■治療・管理
外斜視の偏位量(眼の向きのずれの量)によって治療方法は異なります。偏位量が大きい場合は斜視手術が行なわれます。斜視手術では、もどり(術後に再び外斜視となる)が出現する場合がしばしばみられるため、手術時期を含めた慎重な検討が必要です。また偏位量が小さい場合は、プリズムという光学的療法や両眼視機能*1の働きを強化する視能訓練が行われる場合があります。
恒常性外斜視(こうじょうせいがいしゃし)

■はじめに
恒常性外斜視とは、常に外斜視が出現している状態の斜視です。生後早期(1歳未満)に外斜視が出現する場合や、間欠性外斜視から移行する場合があります。また眼の器質的疾患による視力障害のために、両眼視機能*1が不良になった場合にも恒常性外斜視になることがあります。
■症状
間欠性外斜視から恒常性外斜視に移行した場合には、固視目標に両眼の視線が一致しないため、固視目標が2つに見える(複視*2を自覚する)ことがあります。間欠性外斜視と同様に学童期までに外斜視が出現した場合は、複視を避けるための適応として、抑制という働きによって複視を自覚しない場合が多くあります。
■診断
遮閉試験で眼位異常の有無を判定する検査をします。この検査は両眼で物体を注視している時に、検者が一眼を遮閉することで評価を行います。乳幼児では光源を用いて判断することもあります。
■治療・管理
外斜視の偏位量(眼の向きのずれの量)によって治療方法は異なります。偏位量が大きい場合は斜視手術が行なわれます。また、間欠性外斜視から恒常性に移行した場合で偏位量が小さく複視がある場合は、プリズムという光学的療法や両眼視機能の働きを強化する視能訓練が行われる場合があります。

斜視・弱視の病気の説明 トップページへ戻る

| TOP | 学会概要 | 入会案内 | 事務局・お問合せ | お知らせ | 学会開催のご案内 | リンク |