弱視・斜視を専門とする医師の一覧

トップページ 学会概要 入会案内 事務局・お問合せ お知らせ 学会開催のご案内 リンク
沿革と今後の目標 組織会則 学会誌・会報 学会賞受賞者一覧
学会賞募集要項 理事・監事選挙 多施設共同研究費 若手支援プログラム
日本弱視斜視学会
若手支援プログラム
日本弱視斜視学会若手支援プログラムのご案内
    
1、国際学会での発表支援

日本弱視斜視学会は、若手支援プログラムの一環として、若手眼科医および視能訓練士の国際学会での発表支援を行います。ふるってご応募ください。
目的:若手医師、視能訓練士の国際学会での発表を支援し、弱視斜視研究の発展に寄与する人材を育成すること。
奨学金:1件につき6−8万円程度(採択数により変動する可能性があります)
人数:各学会毎に若干名
応募資格:発表時に40歳以下の日本弱視斜視学会会員で、国外で開催される国際学会で弱視斜視関連演題の筆頭演者として発表をすることが決まっている方。ただし、前年度に採択された方は応募できません。
申込方法:規定の申込用紙に記入し、演題が採択されたことがわかる書類(演題採択のメール、プログラムのコピーでも可)を添えて日本弱視斜視学会事務局へお送りください。申込用紙は本学会のホ−ムペ−ジからダウンロ−ドすることができますし、事務局に郵送で請求することもできます。
締め切り:各学会の開催2週間前まで。
選考方法:常任理事会で選出された選考委員4名で厳正に審査します。
発表:各学会ごとに結果を本人に通知します。
支給方法:指定された口座に現金を振り込みます。
義務:採択された方は学会レポートを弱視斜視学会会報に投稿することが義務づけられています。ご承知下さい。投稿期限は発表後1ヵ月以内で、800〜2000字程度でお書きの上、事務局に送って下さい。
2、国内学会での発表支援

日本弱視斜視学会は、若手支援プログラムの一環として、若手眼科医および視能訓練士の日本弱視斜視学会総会での発表を支援します。目的:若手医師、視能訓練士の日本弱視斜視学会総会での発表を支援し、弱視斜視研究の発展に寄与する人材を育成すること。奨学金:演題を発表する日本弱視斜視学会総会の登録費が免除されます総会長に一任。
人数:若干名(5名程度、総会長に一任)。
資格:発表時に40歳以下の日本弱視斜視学会会員で、日本弱視斜視学会総会で筆頭演者として発表をすることが決まっている方。
選考方法:演題を発表する日本弱視斜視学会総会の総会長に一任されています。
発表:各総会ごとに結果を総会長から本人に通知します。
申込書はこちら
 


国際学会若手支援プログラム賞受賞者(五十音順)

2010年
  根岸貴志 (浜松医大)ISA2011
羽根田思音 (山形大)ISA2011
田中明子 (東京医歯大)ISA2011
津久井真紀子 (社会保険中京病院)ISA2011
淺野麻衣 (浜松医大)ISA2011
2011年
  四宮加容 (徳島大)ESA2011
土屋陽子 (掛川市立総合病院)WOC2012
鳥居薫子 (浜松医大)WOC2012
伊藤史絵 (大阪医大)IOC2012
2013年
  佐伯美和(浜松医大) ESA2013
東山智明(滋賀医大) AAPOS2013
前田真理子(社会保険中京病院) AAPOS2013
鷲山 愛(浜松医大) AAPOS2013
2014年
  澤田麻友(浜松医大)ISA2014
田中未夏(近畿大堺病院)ISA2014
干川里絵(北里大)ISA2014
広田雅和(大阪大感覚機能形成)ISA2014
2015年
  林 思音(山形大)ESA2015
2016年
  伊藤美沙絵(国際医療福祉大)IOC2016
斎藤 彩(北里大)IOC2016


国内学会若手支援プログラム賞受賞者(五十音順)
      
年度 名前 所属 タイトル
2010 諌山 友美 内海眼科医院 高齢者における片眼視下ならびに両眼視下近用付加度数の違い
石井晃太郎 筑波大 楕円フーリエ記述子に基づく眼球形状発達の定量的解析
伊藤 法子 眼科やがさき医院 乳児内斜視術後の交代性上斜位の特徴
神谷 麻紀 兵庫医大 先天上斜筋麻痺の手術予後
古川 祐子 大塚眼科病院 当院における小児の眼鏡装用の実態調査
〜過去の調査と比較して〜
2011 岡本 真奈 兵庫医大 代償不全上斜筋麻痺と滑車神経麻痺の手術術式の比較
神田 寛行 大阪大 両眼波面センサーによる立体映像視聴時の調節の評価
西村 香澄 聖隷浜松病院 後天性Brown症候群の滑車部術中所見
森  隆史 福島県医大 IOLマスターを用いた調節麻痺した屈折値の推測
2012 石戸 岳仁 神奈川県立こども医療センター Duane症候群57例の検討
宇田川さち子 金沢大 上斜筋低形成に対する斜視手術成績
加藤 浩晃 バプテスト眼科クリニック PATにより術量決定を行った内斜視の術後成績
三原 美晴 富山大 当院における成人外斜視の治療結果について
2013 石井晃太郎 筑波大 乳児光学系に対する生理的乱視の影響
佐々木知佳 聖隷浜松病院 麻痺性外斜視に対する異なる素材での骨幕固定術
佐藤友光子 東京医歯大 視線追跡装置で判定する乳幼児縞視力測定の試み
根岸貴志 順天堂大 斜視手術の周術期管理に関する全国調査
2015 河合愛美 旭川医大 後天内斜視におけるPrism Adaptation Testによる斜視角増加に影響する因子の検討
徳武朋樹 川崎医大付属川崎病院 フレネル膜プリズムにおいて貼布方法や傾きに よって生ずるプリズム誤差の検討
東山智明 滋賀医大 ステロイド治療を施行した甲状腺眼症の外眼筋信号強度と眼球運動の相関
広田雅和 大阪大 感覚機能形成 間欠性外斜視における読書中の視線解析
藤田和也 富山大 視線追跡装置を用いた甲状腺機能亢進症,甲状腺眼症の衝動性眼球運動速度(SEMV)の検討
2016 木村友剛 木村眼科内科病院 成人の間欠性外斜視に対する外直筋後転+内直筋縫縮手術の術後短期経過
佐々木翔 帝京大 Cyclophorometerを用いた座位と仰臥位における回旋偏位の比較
柴田貴世 岡山大 眼鏡型頭位測定装置JINS MEMEを用いた健常者の頭位
谷原佑子 大阪市立総合医療センター Duane症候群に対する外直筋骨膜固定の効果
長谷岡宗 浜松医大 前眼部OCTを用いた水平直筋付着部測定についての検討
2017 明石麻里 大阪市立総合医療センター 外転制限が軽度の近視性内斜視における上外直筋縫着術の手術成績
大野千尋 聖隷浜松病院 Percentage of Hess area ratioを用いた眼窩壁骨折整復手術の効果
関口愛 杏林大 遠視性不同視例のOcular biometric components
長屋美鈴 眼科やがさき医院 膜プリズムによる先行治療を行った部分調節内斜視の術後両眼視機能
吉田朋世 国立成育医療研究センター Information and communication technology機器の使用が契機と思われた小児斜視症例
 


| TOP | 学会概要 | 入会案内 | 事務局・お問合せ | お知らせ | 学会開催のご案内 | リンク |